グループの賃貸住宅物件管理を行う株式会社ミニテック

ミニテック 一宮支店

minitech Ichinomiya

ミニテック 一宮支店の概要

所在地 〒491-0858
愛知県一宮市栄1-10-16
ウイングズビル3F
管轄エリア 一宮市・稲沢市・清須市・北名古屋市・岩倉市
TEL 0800-222-3209 【総合受付センター】
営業時間 10:00〜18:00
定休日 毎週水曜日(1月~3月を除く)

ミニテック 一宮支店のご紹介

当支店は一宮市全域・稲沢市・清須市・北名古屋市、岩倉市を管轄しています。
単身の方からファミリーのお客様向けの物件を多数用意しております。
市内中心部の中・高層マンションから郊外の低層マンション、アパートまで幅広い建物の管理実績を元に、家主様に対して入居促進提案を行っていきます。
入居者様と家主様の間に立ち、賃貸経営・快適な生活を精一杯サポートしていきます。
お困りの事やご不明点等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

地域の情報

一宮市は愛知県の北西部に位置しており、岐阜県との県境にもなっています。
尾張一宮駅はJR東海道線・名鉄名古屋線・尾西線が乗り入れており、名古屋まで約11分、岐阜まで約10分と各方面へのベッドタウンとして栄えており県内3位の人口となっています。
高速道路も名神高速・東海北陸自動車道と市内に4つのICを要し、関東・関西・北陸方面への車移動がとてもし易い場所で、企業の流通拠点が数多く点在しています。
“一宮市”の名前は尾張国の一宮である真清田神社があった事が由来とされています。
古くから繊維産業を中心に栄えた町で、今でも多くの繊維問屋さんが市内に点在しています。また、毎年7月には織物感謝祭として催される一宮七夕まつりが行われます。
都心部と緑化のバランスもよく、ファミリー層にも喜ばれる街づくりがなされています。
国道22号線が南北に貫いており、沿線には大型の飲食店や店舗が数多く立ち並んでおり生活環境も充実しています。
稲沢市は、愛知県の北西部に位置し、名古屋市内中心部へのアクセスも15分程度と通勤圏となっております。
産業、文化面において古くから尾張の国の中心であり、日本一のエレベーター試験塔(173.8m)もあります。
鉄道はJR東海道本線と名鉄本線と名鉄尾西線が利用出来ます。
特にJR稲沢駅は名古屋、岐阜方面ともに15分程で到着し、名鉄国府宮駅は名古屋方面に10分弱で到着できる利便さも兼ね備えております。
また、大型ショッピング施設も市内の東と西に2ヶ所あり、ショッピングや映画をご家族や友人と楽しんで頂けます。その他、市内は学生さんや単身の方、新婚さん、ファミリーさんまで幅広い世帯の方にオススメです。
清須市は、名古屋市の北西部の近郊にあり、市内中心部へは、10分以内の通勤圏であります。
鉄道はJR東海道本線と名鉄本線、城北線が利用出来ます。市内にある清州カルチャーセンターでは、ベリーダンスや書道、少年空手など多種多様な講座もお楽しみ頂けます。

愛知県の北西部に位置する北名古屋市は、2006年に西春日井郡師勝町と西春町が合併して公募によって命名された市です。
市の中央を縦断するように名鉄犬山線・名鉄豊田線が走っており、西春駅から名古屋駅まで約14分という交通の良さから名古屋のベッドタウンとして発展してきました。
名神高速道路・名古屋高速16号一宮線・名古屋第二環状自動車道・国道22号線・国道41号線に囲まれており、電車以外の自動車移動にも適したエリアとなっております。
濃尾平野の中央に位置しており市内全体が平坦な地形となっている事と交通の利便性が高い為、市内には多くの工場や物流施設が立ち並んでおり、近隣都心部への陸送拠点としても栄えております。
北名古屋市の北部には名古屋芸術大学があり、大学周辺は学生街となっており一人暮らしの方向けの飲食店や商業施設が多く立ち並んでおります。また、名古屋芸術大学と連携協定により街づくりへの協力を得て街の至る所に彫刻やモニュメントが設置されており、気軽にアートを楽しむ事ができるエリアとなっております。
岩倉市は愛知県の北西部に位置しています。
市内を流れる五条川両岸には日本の桜の名所100選に選ばれている桜並木が続き、毎年3月31日~4月9日の間で岩倉桜まつりが開催されます。
また、初春には五条川にて歴史あるのぼり屋が作る鯉のぼりの糊を落とす作業“のんぼり洗い”が行われ、地元住民の春の風物詩として親しまれています。
江南市は岩倉市の北部に位置し、岐阜県との県境となっております。
市内にある曼荼羅(まんだら)寺では、毎年4月下旬から5月上旬にかけて“江南藤まつり”が開催され、期間中は延べ約45万人以上もの観光客が訪れる一大イベントとなっております。