グループの賃貸住宅物件管理を行う株式会社ミニテック

ミニテック 新松戸店

minitech Shinmatsudo

ミニテック 新松戸店の概要

所在地 〒270-0034
千葉県松戸市新松戸4-50
新松戸Uビル402A号室
管轄エリア 松戸市・流山市・柏市・我孫子市・市川市・野田市
TEL 047-348-6082
FAX 047-347-8903
営業時間 10:00〜18:00(時期により異なります)
定休日 年中無休(但し年末年始定休12月29日〜1月3日)

スタッフ紹介

ミニテック 新松戸店
責任者:鈴木 恵二

管理に対する心構え

常にサービス精神を忘れず、管理業務に携わるよう心掛けています。

お店づくりの心構え

コミュニケーションを大切にして、明るい雰囲気のお店を目指しています。

ミニテック 新松戸店のご紹介

ミニテック新松戸店が取り扱う管理戸数はおよそ1,700室で、担当エリアは、松戸市・柏市・流山市・我孫子市(一部)・野田市(一部)・市川市(一部)となります。仲介担当はグループ会社である(株)ミニミニ城東松戸店、新松戸店、柏店となります。管理専門、仲介専門と各社分かれていますので、各々の分野に専念出来るという強みがあります。

業務内容は、家賃管理・苦情対応・物件巡回・清掃作業・修繕計画・自社施工など幅広くありますが、分業制度ではなく営業スタッフそれぞれが担当エリアの業務を担います。また、入居者所有者間に入る大事な立場が管理会社です。常に私情を挟むことなく第3者として冷静な判断が出来る様に心掛けるとともに、情報共有を図り、お客様それぞれの立場で物事を捉え、メリット・デメリットなど隠さずお客様のお役に立てる様に日々努めております。

【所有者様向け】空室対策、苦情対応、修繕計画のお打ち合わせだけでなく世間話しや個人的な相談など楽しくお付き合いさせていただいています。

【入居者様向け】日々生活している中でお気付きの点など(異変・故障)ございましたら、お気軽にご連絡いただけますと幸いでございます。

地域の情報

担当エリアである松戸市、柏市、流山市をご紹介します。
松戸市エリアは、水戸街道の宿場町として古くから歴史ある町として栄えてきました。ネギや梨の生産が広く知られており、水戸藩藩主・徳川昭武が造った国の重要文化財にも指定されている戸定邸、あじさい寺として季節時には多くの観光客で賑わう本土寺、矢切の渡しで有名な渡し舟など他にも多くの歴史があります。
現在は、人口およそ48万人、利根川水系の江戸川を挟んで葛飾区・江戸川区に隣接する東京のベッドタウンとして発展しています。主要駅である松戸駅は、「常磐線快速」「千代田線直通常磐緩行線」「新京成電鉄」の3路線が利用可能(1日の乗降客数およそ10万人)で、常磐線快速は北千住10分、上野20分、品川まで30分(東京上野ライン)、千代田線直通常磐緩行線を利用すれば大手町、霞ヶ関、国会議事堂前にもアクセス可能です。また、駅ビル(アトレ松戸)、伊勢丹・ダイエー・イトーヨーカドーをはじめとする商業施設、総合病院、飲食店、娯楽施設など利便性が良い街になっています。また、国の出先機関である裁判所・検察庁・法務局・税務署・職業安定所・陸上自衛隊駐屯地、大学は聖徳大学・千葉大学園芸学部・日本大学松戸歯学部などがあり、学生から社会人まで多くの人が集います。

担当支店がある新松戸駅は、「常磐緩行線」「武蔵野線」が利用可能で、都心部や東京ディズニーランドへのアクセスも良好です。新松戸エリアは、総合病院、ダイエー、ドラッグストア、コンビニ、進学塾、飲食店、カラオケ店など生活に便利で、流通経済大学・日本語学校もあり国際色豊かな特徴も持ち合わせます。また、ドラッグストアで有名な「マツモトキヨシ」の本社所在地でもあり、夏には「新松戸まつり」が開催され多くの人で賑わいます。ちょっと足を伸ばせば21世紀の森と広場でバーベキューや森のホール21でコンサートなどを楽しめます。

柏市エリアは、松戸市と同じく東京のベッドタウンとして発展してきました。人口はおよそ42万人、駅周辺にはステーションモール・ビックカメラ・丸井などをはじめ多くの商業施設や飲食店、娯楽施設などがあり若者にも人気のスポットです。Jリーグの柏レイソル本拠地であり試合開催日は大変多くの人で賑わいます。主要駅である柏駅は、「常磐快速」「千代田線直通常磐緩行線」「東武アーバンパークライン」が利用可能で、都心部はもちろん船橋や大宮(埼玉県)へのアクセスも可能です。また、沿線は違いますがつくばエクスプレス線の柏の葉キャンパス駅エリアには、商業施設のららぽーと柏の葉をはじめ東京大学柏の葉キャンパスもあり若者も多く、秋葉原まで30分(区間快速)というアクセスの良さもあり人気エリアとなっています。

流山市エリアは、緑豊かな住宅街で、江戸川を挟んで埼玉県に隣接しています。人口はおよそ18万人で、つくばエクスプレス開業に伴い人口は増加傾向にあります。主要駅である流山おおたかの森駅は、「つくばエクスプレス線」「東武アーバンパークライン」が利用可能で、秋葉原までの所要時間は25分(快速)、駅前には流山おおたかの森SCがあり利便性が良くこの駅を中心に区画整理している綺麗な住宅街が列なります。また、流山ICがあり高速道路を利用する方にはおすすめのエリアです。大学は江戸川大学、東洋学園大学、東京理科大学があり学生寮や一人暮らしなども多いエリアです。