トップページ > 入居者様へ > 火災警報器の設置義務について

火災警報器の設置義務について

消防法の改正により、新築住宅は平成18年6月1日から、既存住宅については各市町村条例の定めに従い、平成23年までの間に住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。(消防法第9条の2)

住宅の所有者、管理者または占有者には設置義務があり、自己所有の住宅については所有者が、賃貸住宅などは家主様または借家人の双方に設置義務があります。設置がまだ出来ていない場合、ミニテック管理担当店までご連絡ください。
  • 設置及び維持基準は各市町村条例で異なります。下記サイトをご覧ください。
    http://www.fdma.go.jp/html/life/juukei.html
  • 自動火災報知設備やスプリンクラー設備が設置されている住宅の場合は、住宅用火災警報器の設置は必要ありません。

設置時期

新築住宅平成18年6月1日から
既存住宅市町村条例によって定められた日から    

設置対象

住宅として使用されているものが全て対象になります。共同住宅については、個々の住宅内のみが対象になります。

  • 地域によって異なる場合があります。

設置場所

基本的に設置が義務付けられているのが、寝室・そして寝室のある階の階段等です。

  • 設置及び維持基準は各市町村条例によって異なります。キッチンにも設置が義務付けられているところもあります。
  • キッチンに設置する場合は、焼き魚の煙等で簡単に動作しないように、熱を感知する住宅用火災警報器が適しています。

設置箇所

住宅用火災警報器は場所によって設置の仕方が決められています。

天井設置図1:壁から60センチ以上離す 天井設置図2:はりから60センチ以上離す
住宅用火災警報器の感知部の中心を壁または、はりから60cm以上離して取り付けます。
天井設置図3:エアコンの吹き出し口から1.5m以上離す
壁へ取り付ける場合
住宅用火災警報器の感知部の中心が天井から15~50㎝以内にくるように取り付けます。
天井設置図4:壁へ取り付ける場合は天井から15~50センチ以内
エアコンなどが有る場合、エアコンの吹き出し口付近から1.5m以上離して取り付けます。