トップページ > 入居者様へ > 建物の構造

建物の構造

立地・環境等によって下記の内容が異なります。建物の構造特徴は物件探しの参考目安としていただき、お客様で直接物件を確認されることをオススメします。

建物種別のメリット・デメリット

木造

  • 建築費を抑えることで、他の構造よりも家賃がお値打に設定しやすくなります。
  • 居室内に柱型が出ないため、室内の見た目がスッキリします。
  • 通気性があり、湿気がこもりにくい構造になります。
  • 耐震強度はありますが、他の構造に比べると劣ります。
  • 生活音(振動)が響きやすいという点があります。
  • 冷暖房効率が鉄筋・鉄骨鉄筋コンクリート造に比べると劣ります。

鉄骨造

  • 鉄骨造は木造に比べ耐震性が良くなります。
  • 居室内に柱型が出ないため、室内の見た目がスッキリします。
  • 建築費を抑えることで、鉄筋コンクリート造等よりも家賃がお値打に設定しやすくなります。
  • 生活音(振動)が響きやすいという点があります。
  • 冷暖房効率が鉄筋・鉄骨鉄筋コンクリート造に比べると劣ります。

鉄筋コンクリート造

  • 耐震性、耐火性、耐久性に優れています。
  • 遮音性、保温性が良くなります。
  • 気密性が高いため、結露が発生しやすくなります。
  • 建築費が高くなることで、木造・軽量鉄骨造等よりも家賃が高めの設定になりやすいです。

鉄骨転勤コンクリート造

  • 最も強度が高いため、高層階でも安心できる構造になります。
  • 耐震性、耐火性、耐久性に優れています。
  • 遮音性・保温性に優れています。
  • 工期が長く、建築費が高くなることで、他の構造よりも家賃が高めの設定になりやすいです。

アパート・マンションの違い

一般的に下記のような区別の仕方をします。
アパート
木造・軽量鉄骨造等の2階建て以下の建物を指します。
マンション
鉄筋コンクリート造(RC造)等の3階建て以上の建物を指します。